3月3日待ち遠しいな ひなまつり

2月も中旬を過ぎると寒さの中にも少し柔らかさが出て来たように感じられます。そしてもうすぐ3月。女の子には待ちに待ったひな祭りがやってきます。

 

ひな祭りとは

ひな祭りはいわゆる五節句のひとつです。五節句とは一年に5回、季節の変わり目に行なう行事のことで、1月7日(人日(じんじつ)または七草の節句)、3月3日(上巳(じょうし)または桃の節句)、5月5日(端午または菖蒲の節句)、7月7日(七夕(しちせき)の節句または星祭)、9月9日(重陽または菊の節句)の五つとなっています。
「節句」はもともと「節供」と書き、神様にそれぞれの節句に合ったお供え物をして五穀豊穣や子孫繁栄、無病息災を祈願する日本古来の風習です。現代ではそのような風習を大切にしながら、家族や親戚、親しい仲間同士で集まり子供たちの健康を祈ったり季節の移ろいを感じたりして、世代を超えて絆を深める日になっています。


子供が生まれて初めて迎える節句は初節句と言い、女の子なら桃の節句にお雛様や桃の花を飾ってちらし寿司やはまぐりのお吸い物、白酒をいただき、両親や祖父母を始め家族みんなでお祝いをします。
お雛様は、段数の多い豪華なお雛様からマンションなどの環境に合うようなコンパクトなお雛様まで、住まいに合うものを選んで飾られます。

 

ひな祭りに贈るプレゼント

「ひな祭りにお子様にプレゼントを贈ってお祝いしてあげたい。」と考えていらっしゃる方へオススメのプレゼントをご紹介します。

 

アニマルレザーキーホルダー

子供達は動物が大好き。動物がデザインされたキーホルダーは、プレゼントとしてとてもとても人気があります。
名入れプレートにお子様の名前を刻印して贈れるので、自分の名前が入ったキーホルダーはずっと大切にしてくれるでしょう。

わんちゃん・ネコちゃん・くまさん。可愛くて、かわいいキーホルダーはこちら

 

ひな祭りの絵本

ひな祭りにちなんだ様々な絵本が発売されています。そのうちの一つを選んでプレゼントするのはいかがでしょうか。ひな祭りという行事を体験しながら、絵本を通してその由来を知ったり、ひな祭りの楽しい話に触れることにより、情緒が豊かに育まれます。

ひな祭りに贈るとっておきの一冊を選ぶならこちらがおすすめ

 

ぬいぐるみとハンカチのセット

ぬいぐるみは女の子にとって、友達みたいな存在です。一緒に寝たり、ままごとをして遊んだり…。どこへ行くのもぬいぐるみと一緒だったという思い出をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
次にご紹介するのはクマのぬいぐるみと名入れハンカチがセットになったものです。名前が入ったハンカチは保育園や小学校で毎日使うので、実用性も兼ね備えたプレゼントになっています。

愛らしいクマの「マックス」は、かけがえのないお友達になってくれるでしょう。こちらへ

 

 

自分の小さい頃は、毎年お雛様を飾ってもらうとかなりテンションが上がり、嬉しくて家中を飛び跳ねていたのを思い出します。家族みんなでお祝いしてくれた思い出は、幾つになっても心に暖かく刻まれていくでしょう。どうか素敵なプレゼントを贈ってあげてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

(写真はすべてイメージです)