受験を乗り切る冬のおいしい食材パワー

センター試験が近づいてきました。大学受験だけでなく、資格・検定試験などに向けて不安と期待を胸に秘めて日々勉学に励むみなさんは寒さに負けず頑張っていらっしゃることと思います。先ほどニュースで伝えていましたが、インフルエンザが流行しているそうです。ワクチン接種に加え、体調を整えるためには、バランスの良い食事をしっかり取ることが大切ですね。
そこで今回は、受験を乗り切るおいしい食材をテーマにお伝えしていきたいと思います。

 

受験を控えた今積極的に摂りたい食材

風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどを寄せ付けないよう体の免疫力をアップする食材として、今まさに旬を迎える食材たちが活躍してくれます。その食材をいくつかご紹介します。

みかん

まずは、ビタミンCをたっぷり摂れる「みかん」。みかん2個で一日分のビタミンCが取れてしまうともいわれています。免疫力をアップする効果もあり、風邪予防には最適です。
ちなみにみかんを食べすぎると手足が黄色くなってしまったことはありませんか?これはみかんのオレンジ色の成分が体の脂肪と結びつくため皮膚が黄色くなるためです。健康に影響はなく、しばらくすれば色はなくなるのでたっぷり食べても大丈夫です。

 

長ネギ

ネギ特有の香りの成分である硫化アリルの作用で、血行が良くなり疲労回復にも効果があります。昔から、風邪にならないようにするにはネギをたくさん食べるといいと言われる所以です。
美味しいネギの見分け方は触った感じが固く締まっているもの、そして緑の部分の色が濃くその表面が白っぽくなっているものが美味しいネギです。

 

ほうれん草

冬はほうれん草が美味しくなる季節。なんとビタミンCの含有量が夏の3倍にもなるとか。また鉄分も多く摂れるので、貧血予防対策にもぴったりな野菜です。
新鮮なものを選ぶには切り口が太くて赤みが濃いものを選びましょう。ほうれん草は多量に摂ると、含まれるシュウ酸で結石を引き起こすことがあるので、たっぷりのお湯でさっと茹でると安心です。

 

カリフラワー

この時期スーパーに行くと大きく立派なカリフラワーがたくさん並んでいます。このカリフラワーもビタミンCがたっぷり含まれており、しかもこのビタミンCは加熱しても壊れにくいので、調理しやすい食材です。
サラダにして食べるにはちょっと量が多すぎるかなと感じるときは、ポタージュにすると美味しくたくさん摂ることができるのでおすすめです。

 

かぶ

この時期かぶは甘みが増しておいしくなります。ビタミンC以外にもβーカロチンもたっぷり含まれていて、免疫力をあげ、呼吸器を強くし、視力維持作用もある嬉しい野菜です。
意外なのが、根の白い部分よりも、葉のほうが栄養成分が豊富なこと。葉はさっとゆでてお浸しや胡麻和えにしたり、お味噌汁の具にしたりすると美味しいですよ。

 

 

食生活を整えてあげて、万全の体調で試験に臨んでもらいたいですね。栄養たっぷりの料理に愛情のスパイスを振りかけて…。きっと良い知らせが届くことでしょう。
健闘を祈っています。

最後まで読んでくださってありがとうございました。