「お疲れ様」そして「いつもありがとう」を贈りたい


11月になり、ますます秋が深まってきました。散歩していると、家々の庭に赤く色づいた柿がたくさん実っています。
以前家の庭に柿の木があり、隔年で柿の実がたくさん実る年と、あまり実らない年が交互に訪れていました。柿が豊作の年は、家族総出で柿の実採りをします。父親が柿の木に登り、一つ一つ柿をもいで行き、子供達はバケツにいっぱいになるまで落ちてきた柿の木を拾っていたのを、たわわに実った柿の木を見ながら懐かしく思い出しました。

さて、11月は3日の「文化の日」が過ぎると次に近づいてくるのが23日の「勤労感謝の日」の日です。
今回はこの勤労感謝の日についてお伝えします。

 

勤労感謝の日とは

勤労感謝の日とは、内閣府のHPによりますと、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。」日として制定されています。すなわち現代では、日頃家族のために一生懸命働いてくれるお父さんやお母さん、ご主人や奥様、おじいちゃんやおばあちゃん、勉強やスポーツに頑張る子供達、みんなが互いに労をねぎらい、感謝し合う日となっています。

しかし、勤労感謝の日はもともと「新嘗祭」と呼ばれる収穫祭にあたるもので、その年の新米を神様に捧げて五穀豊穣を感謝する日でした。新嘗祭の宮中祭祀をご存知の方も多いと思います。そのため、本来は新嘗祭が終わるまでは新米を食べないのがしきたりになっています。実際の生活ではいろいろ難しい面もありますが、このように祭日が制定された本来の意味を理解して日々生活していきたいと思います。

 

勤労感謝の日に贈るプレゼント

「勤労感謝の日に身近な方へ何かプレゼントを贈りたい。」と考えていらっしゃる方へ。オススメのプレゼントをいくつかご紹介します。

 

果物・肉など

お好きな季節の果物はいかがでしょうか。今の時期に旬な果物といえば、柿やリンゴ、西洋梨などですね。果物はビタミンCを始め様々なビタミン類や、カリウムなどの無機質が豊富で、風邪予防や血圧を下げる効果もあります。おいしいだけでなく健康にも良いところが贈り物として喜ばれています。
またプレゼントとして贈るなら少し上等なお肉もうれしいもの。感謝を込めて、すき焼き用や焼肉用のお肉を贈ってあげてもいいですね。

旬のくだもの・肉・海産物はこちらから

 

ハンドクリーム

寒い季節はお湯で炊事をするので、手の荒れに悩む女性が多くなります。そんなときに嬉しいのがハンドクリームの贈り物。毎日何度でも使うので、プレゼントするととても喜ばれます。お値段が手頃なのもうれしいですね。

幅広い年代に支持されているちょっとおしゃれなハンドクリームはこちら

 

靴べら

外出時に靴を履くときに持っていたいのが靴べら。特にビジネスにおいてはスマートな振る舞いが必要で、靴べらは必需品です。

次に紹介するのはキーホルダーに靴べらが付いているものです。素材はしっかりとした革製なので、使用時足にしっかりフィットし、素早く靴を履くことができます。名入れもできるのでお父さんや旦那様へ贈るプレゼントとして、とても人気の高い商品です。

話題の靴べらキーホルダーはこちら

 

アロマディフューザー

嗅覚を刺激して、たまったストレスを癒してあげるのもいいですね。
アロマの発散の仕方によっていろいろな種類の器具がありますが、おすすめなのはリードディフューザー。アロマオイルが配合されている液体が入っている小瓶に棒が立っているものです。その棒から香りが自然に発散していくので火や電気を使う必要もなく、また設置場所の周りがオイルを含んだ水で濡れることもありません。スティックの本数を調節することによって香りの強さの調節をすることもできます。

リードディフューザーはこちらへ

 

仕事に打ち込むあまり、なかなか睡眠時間も取れないという方へ、枕の贈り物はいかがですか。自分の体に合わせて高さを調節できる枕は、寝返りを妨げないので熟睡することができ、睡眠の質があがります。

ぐっすり眠れる枕を選ぶなら こちらから

 

 

気持ちのこもったプレゼントが、一生懸命頑張る方へのエールになったらうれしいですね。よかったら、参考にしてみてください。
最後まで読んでくださってありがとうございました。